<< 再び野麦峠越え | main | 気になること2つ >>

謎の植物

忙しさにかまけて、ベランダに出して半分ほったらかしだった
ゼラニウム。植物
いくつかあった株の大半はかなりしょんぼりなことになっていて
枯れてはいないけど葉っぱも全然無いような状態。
もうダメかな? と思っていても水をあげると葉が出てくるのは
スゴイと思う。たらーっ
そんななか、やけに元気な一株。花




(クリックで拡大)




あとは花が咲けば全快といった感じ。
つぼみももう出てきているので時間の問題でしょう。ラッキー
ほんとに、1日1回ちょっと水をあげてただけなんだけど。

さて本題はそれとは別の話。
毎日、鳥のエサを入れ替えているのだけど、食い散らかした
シードのカラを吹き飛ばすために、ベランダに出てふっと吹いて
いるわけです。
すると、シードなんて軽いので、カラだけじゃなくて
まだ食べてない普通のシードも何粒かは飛んでしまう。
そんなのがベランダに残っていたとみえて、ある日、
ふと気がつくと芽が出ていた。(ここのところ雨が続いたから)
せっかくなので、枯れたゼラニウムをのけて空いたプランターに
植え替えた。
そして、どうせだから試しに、といくつかのシードも蒔いてみた。
そして数日したのがこの画像。





(クリックで拡大)




蒔いたのが右の方にあるいくつかの小さい芽。
これはキビだが、アワとかヒエも同じような芽が出るようだ。
どれも細長い葉っぱで縦にスジが入っていて稲っぽい感じ。
で、問題なのは左の方にある大きな芽だ。
これがくだんの、ベランダに1本生えていたヤツなんだが、
明らかに葉っぱの形が違う。なんだこれ……?ムニョムニョ

鳥のエサの中のどれかなのは間違いないのだがどれなのか
分からない。カナリーシードだろうか……??

……などと思っていたのだけど、ひょっとして……と思って
調べてみたら分かった。これ、ソバだ。
あんな大きくて重いタネも吹き飛んでいたとは。
2、3ヶ月もすると収穫出来るらしいので育ててみようと思う。嬉しい
吉池真一 * 家庭栽培 * 12:38 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック



楽天で探す
楽天市場


このページの先頭へ