<< 出口調査 | main | 時を取り戻せ >>

文化の違い

以前、仕事でゲームの会話シーンの背景用のイラストを外部(中国)
発注したことがある。

すると「舞台は中世ヨーロッパ風だ」と言っているにも関わらず、
金色の修飾が施された赤い布がいっぱいあったり、噴水の石組みには
雷紋が刻まれていたりした。

最近はあっちでもゲームやアニメの仕事が一般的になったので
こういうことは減ったそうだが、それでも今でもそういうのはある。
先日ちょっと無料のブラウザゲーム(中国系の会社)を触ってみたところ
真っ赤な瓦屋根の建物を「日本の神社」と書いてあったりしたのを
見てしまったからだ。どう見ても秦の始皇帝のなんちゃらとか
書いてあった方が納得がいくデザインだ。
で、それはまあそういうものだと割り切ってしまえばいいのだけども、
気になったのは「事前にそういうのを調べたりしないのか?」
ということだ。
くだんの背景用イラストについては、下請けだから適当にやっちゃえ的な
発想があったとすれば分からなくもないが、自分で作ってるゲームなら
仕様にしろアイデアにしろ全部自前だから、「日本の神社」と銘打つなら
日本の神社のデザインを参考にして絵を描くと思うんだが。
背景用イラストの頃はまだインターネットも普及し始めの頃だったけど
今なら調べればいくらでも写真は出てくるだろうし、
そもそもこのゲームの会社、資本が中国系というだけであって所在地は
日本なんだからいくらでも現物は見られるわけで。
そんなことをやってるヒマはない、というほどカツカツのスケジュール
なんだろうか。

ちゃんと設定をしっかりさせろ、とかこれだからダメだ、とか
そういうネガティブなことを言うつもりではなく、
純粋にどうしてこうなるんだろう? という素朴な疑問だ。
割と色んなところで同じような話を聞くので、個人の思考レベルではなく
文化レベルの問題だとは思うんだけれども。

吉池真一 * ふと思ったこと * 16:41 * comments(4) * trackbacks(0)

コメント

どうも彼らのスタンダードは自分の中にあって、他所も全部自分らと一緒だと思ってるらしい。だから色指定とか、設定とかをちゃんと送ると結構なクオリティーであげられるけどそこをやらないと頓珍漢な中華クオリティーで来ちゃうみたい。
だから「もっこす」のような邪神が生まれるのはちゃんと細かいチェックをして無いせいで消して手抜きとかじゃないそうな。彼らの中ではアレがサンプルの見本と同じに見えるらしいよ。
そのての話で有名なのは某アニメで彩色を中国に回して、お任せにしたら、背景のモブが全部人民服で塗られちゃったって話があるね
Comment by 蔓木鋼音 @ 2011/04/11 10:53 PM
なるほどねー。言われてみればそういうものなのかも知れん。

しかし全部自分中心だから、世界中の屋根は赤いし世界中の服は人
民服だし、世界中の噴水には雷紋が付いている、と本当に思っている
のかね。そこが不思議でならないよ。
ずっと国内にいて世界の景色を全く知らないならともかく、
日本で活動してたら分かるはずなんだがな……。
Comment by 吉池@管理人 @ 2011/04/12 6:09 PM
他所に最初から合わせる気がないのが大中華思想なんだから、
分かったからって簡単には変えないと思うよ。
実際に頑固なの多いしw
Comment by 空手さん @ 2011/04/14 4:51 PM
困ったもんだね。
しかし本当に全員みんな揃ってそうなんだろうか……。
Comment by 吉池@管理人 @ 2011/04/15 3:15 AM
コメントする









トラックバック



楽天で探す
楽天市場


このページの先頭へ