<< 芸能人に会った | main | えびす講 >>

しし座流星群

かれこれ10年近く前に、ものすごくたくさん流星が降ったために
一躍有名になってしまったしし座流星群。
今年もやってきた。

しかし、当時から言われていたことだが、この流星群はその由来が
33年周期でやってくる彗星の残りカスによるものなので、
降る流星の数も33年周期で多くなるのだった。
10年近く前の大流星群はその極大年だった。
そして10年経った今年くらいになると、もう一番たくさん
降る時間帯でもせいぜい1時間に10個くらい。
特に今年は出現ポイントに月が居座っていたりして、
よほど明るい流星が降らないと見えにくくて仕方がない状態。

長野は東京なんかと比べれば観測に向いているわけだが、
今年はついに1個も見ることが出来なかった……。
しかしネットで追跡してみれば「見えた」との声もちらほら……。
見る方向が悪かったか……?

吉池真一 * 日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック



楽天で探す
楽天市場


このページの先頭へ